〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
Gibson L-3 / The Gibson Script Logo・Taper Head・Solid Spruce Top・Solid Maple Side and Back・Ebony Fingerboard and Bridge・13F-Joint・Original P.A.T Tailpiece【With Hard Case】1920年頃製
conditon:
EX+
Price:
¥398,000-(税込)
top:
スプルース削り出し単板
side:
メイプル単板
back:
メイプル削り出し単板
finger board:
エボニー指板
neck:
マホガニー
case:
ハードケース付
製作から約100年を経過した戦前の稀少モデル、Gibson L-3の入荷です! 本器は1902年から1933年頃まで生産されていた、13.5インチのコンパクト・サイズのアーチトップ・ギターで、L-1の上位機種(アッパークラス)として生産されました。トップ&バックには
削り出しの美しいアーチも魅力の逸品です。13フレット・ジョイント、テーパーヘッド、オープンバック・ペグ、Vーシェイプ・グリップ、マホガニー1ピースネック、エボニー指板&ブリッジ、ヘリンボーン・ロゼッタ、オリジナル・P.A.Tテールピース、トップは美しいアーチを描いたスプルース単板削り出し、サイドはメイプル単板にバイオリンやマンドリンに見られる美しいメイプル削り出し単板が採用されアンティーク・フレーバー漂う凛とした逸品。ホワイト・ラベル記載のシリアルが薄く読み取りが難しいですが1920年頃のモデルだと思います。
サウンドはコンパクトながら枯れて乾いた味わいのある箱鳴り感が堪らない鳴りで独特な倍音を響かせるリアル・ヴィンテージサウンドです。歯切れの良いカッティングやスライドギターなど年代ならではの出音も魅力で、ネックグリップのVシェイプも癖になる弾きやすさがあり、1世紀前のギターですが、しっかりと作り込まれた逸品です。
状態はペグのトルク・ムラとシャフトの曲がりが僅かに有りますがチューニングは問題が無く、過去に指板修正やフレット交換もされており減りも殆ど見受けられず演奏性も問題ありません。ブリッジは可変式のエボニーに交換され弦高調整の余裕もあります。ピックガードはステイも含め欠品しております。トップは若干の擦れ傷や打コンが見られますがクラック等の酷いダメージは見受けられません。サイドはガードのステイが擦れて付いた傷や、バック側のショルダー付近のバインディングの補修がされ、左サイドに表面的なクヘアーラインクラックが見られますが修復済みで、確認しましたが木部の内部までのクラックでは有りません。バックはセンターエンドに繋ぎ目に塗装の引きが見られますが強度やサウンドに影響するものではありません。全体的に年代なリの傷や打コンは見られますが、塗装も演奏に伴う擦れで薄くなっている箇所がありましが艶も残っており、演奏に伴う調整はきちんとされており演奏性の良いヴィンテージギターです。
弦長約615mm、ナット幅実測約48mm、弦高は約12F6弦で約2.3mm、1弦約1.5mmぐらいで調整されており可変式ブリッジで弦高調整の余裕も見られ、元起や反りも見られずネックを含めプレイヤビリティも良好です。
近年のハードケースも付属しております。ヴィンテージ市場でも玉数が少なく価格も高騰しておりまが前所有者様のご好意で、お買得価格での入荷です。是非この機会にご検討を頂ければ幸いです。
拡大写真

詳細画像はこちら(外部サイトを開きます)