〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
Water Road Guitars Deep Arte Custom Alaska Blue Spruce Bog Oak(BC3,000) / Solid Alaska Blue Spruce Top・Solid Bog Oak(BC3,000) Side and Back・Turquoise Rosette・Bog Oak Fingerboard and Bridge・Clear Pick guard【With Original Hard Case】2021年製
conditon:
N.MINT
Price:
¥1,100,000-(税込)
top:
Solid Alaska Blue Spruce
side:
Solid Bog Oak(BC3,000)
back:
Solid Bog Oak(BC3,000)
finger board:
Bog Oak(BC3,000)
neck:
Hondurann :Honduras Mahogany
case:
Original Hard Case
日本が世界に誇る稀代の天才ルシアー増田明夫氏が製作したカスタム・モデル、Water Road Guitars Deep Arte Custom/Alaska Blue Spruce Bog Oak(BC3,000) の入荷です。増田明夫氏が製作する”Water Road Guitars “は”音”、演奏性、デザインに拘りワンオフのカスタム・モデルを製作されています。本器は2021年10月に開催された『Boutiques guitar Lounge』のために製作され話題になった実機です。また人気のDeep Arteボディーを基本ベースに、トップは稀少材アラスカ・ブルー・スプルース単板が使用され、この材はアラスカ南東部の伐採キャンプのフロートハウスとして使用されていました。このアラスカのスプルースは半世紀上塩水に浸かり浮力を増し、大きな鉄の杭を打たれ、その鉄分の酸化などの化学反応により独自の青みと灰色を帯びた神秘的な材に変化した稀少材で、非常に限られた資源であらゆる偶然が生み出した奇跡の材とも言えます。青くグレーぽい色味は着色などのエイジングトナーでは無く天然物です。またボディーサイドやバックには紀元前およそ3000年前のボグオーク材が使用され、ボグとは沼の意味でおよそ5000年もの間イギリスの沼地に沈んでいた奇跡のオーク材で、バックにはトラ杢の様な天然の波紋が浮かんだ神秘的なルックスです。この様な稀少材のマッチングを考える発想は驚きです。指板やブリッジにもボグオークが使用されていますが、初見は本黒檀かと思ったほど黒々とした良質な材で、ネックはホンジュラス・マホガニーが使用され独特のカーブを描いたボリュートにネックヒールの曲線が美しいく、いかにも手工のカスタムモデルならではの仕上がりです。またヴェネチアン・カッタウエイの先端やエンド、ブリッジピン装飾、サウンドホール・ロゼッタにはターコイズをあしらったデザインもお洒落で、アラスカ・ブルー・スプルースの天然色を気遣ってか、ティアドロップ・タイプのクリアーガードが装着されております。
サウンドは、6弦を爪弾いただけで伝わるボディーの箱鳴りは深く沈み込む野太い『ズゥン〜』響く低域は、ソモジを爪弾いた時の感覚に近く、中域のコシの有る粒立ちの良い音芯があり、ダウンチューニングでも程良いテンションがありピアノサウンドと称される煌びやかで艶やかな高音域も倍音が豊かで、軽く爪弾いても心地良い残響の余韻が素晴らしい逸品です。同タイプのDeep Arte Customを岸部眞明氏がYouTubeで弾かれており、美しいメロディーラインが心地良く響く余韻に思わず聴きいってしまいました。状態は使用感も少なく目を凝らして光に風せば極軽微な擦り傷程度は有るとは思いますが、新品同様の素晴らしいコンディションを保った極上品です。フレットの減りも殆ど見受けられずネックヒールのピン打ちやピックアップの取付や履歴も有りません。オリジナルの美しいブルーカラーシェルハードケース、取説も付属しています。中古市場でも滅多に出ない稀少モデルで、Deep Arteは即売れの人気モデルです。是非この機会にご検討を頂ければ幸いです。
拡大写真

詳細画像はこちら(外部サイトを開きます)