〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
Shelly SS-C1 / Venetian Cutaway・Waverly Gold Peg・Solid Red Ezo Spruce Top・Solid Rosewood Side and Back・Ebony Fingerboard・Maho and Maple Neck・With Original Fishman Active PU【With Original Case】2000年代製
conditon:
EXF
Price:
¥SOLD-
top:
赤えぞ松単板
side:
インディアン・ローズウッド単板
back:
インディアン・ローズウッド単板
finger board:
エボニー指板
neck:
マホガニー/メイプル/マホガニー
case:
オリジナルハードケース付
既に生産完了したSumi工房製の初期モデル、Shelly SS-C1の入荷です! 2000年代初頭に笛吹利明氏とSumi工房 鷲見英一氏とのコラボレーションで実現したSSシリーズの希少モデル!
本器はシリアルが10番代の初期モデルで本ギターを最後に生産が完了したそうで、前所有者の方が数年前に笛吹氏とお会いになった時に本ギターを試奏され感激されたそうです。笛吹氏と言えば、長渕剛氏や松山千春氏のレコーディングやアレンジ、尾崎豊氏の『シェリー』のレコーディングの参加などで知られ『Shelly』のプロデューサーでも有ります。
本器は初期デザインのヘッドシェープ、ペグは初期仕様のウエバリー製オープンバックゴールドペグ、エボニー指板&ブリッジ、Style 45タイプ・スノーフレイクス・ポジションマーク&ブリッジ・インレイ、メイプルバインディング、トップ&バック&サウンドホールロゼッタや指板エンドの両脇にも豪華なアバロン装飾が施されています。15Fにはオーナーネーム用のインレイが有りますがネームは入っておりません。ボディは000サイズながら2センチほど深胴で製作されており希少なベネチアン・カッタウェイ仕様で、トップには杢目の細かな赤えぞ松単板、サイド&バックにはインディアン・ローズウッド単板が使用され、マホガニー/メイプル/マホガニーの積層ネック、オリジナル・べっ甲柄ピックガード、当時の標準装備であったフィシュマン製プレフィックス・オンボード・ブレンド(PREFIX ONBOARD BLENDER)搭載しております。また本ギターSS-C1のシリアル10番台を長渕氏が所有されているとか無いとか?まぁ笛吹氏と長渕氏の間柄なのでアリそうですが?本当の所は資料も少なく情報をお持ちの方がおられましたらご連絡をお待ちしております。
サウンドはフォワードシフト・スキャロップドXブレーシングが採用されSumi工房らしい芯のある力強く野太い低音に輪郭のある粒立ちの良い中音域の音抜けと、高音域の明るさの中にも奥行きと艶がありジャンルを選ばずご使用が可能です。またフィシュマン製プレフィックス搭載でナチュラルな出音ながら音圧も有り独特の甘いトーンからエッジの効いたストロークプレイなど、さすが第一線で活躍されている笛吹氏のサウンド・チョイスです。
状態は使用感も少なくトップに光に翳して分かる薄い塗装のウェザーチェッキングが見られますが、気になるキズや打コンは殆ど見受けられず、ピックガードのスクラッチ傷も僅かでサイド&バックにも目立つダメージも見受けられず擦り傷程度でネック裏も綺麗で演奏性も問題なくコンディションの良い逸品です。数年前に前所有者の方が数年前に笛吹氏とお会いになった際に記念に笛吹氏のサインがされております。
ネックヒールにはストラップピン装着済みで、フレットはローフレットでも7〜8分目程度は残っております。
ナット幅実測約43mm、弦長645mm、ネックグリップも緩やかなVシェープで握りやすく、弦高は12F6弦約2.5mm、1弦約2mmでトラスロッドの余裕も見られネックを含めプレヤビリティも良好です。現在はK.Yairiが生産を受けもっておりますが、初期のSumi工房製は希少で笛吹氏にとっても思い深いモデルで、是非後世に弾き継いで頂きたい逸品だと思います。
詳細画像:https://www.j-guitar.com/products/list.php?pageno=1&orderby=1&disp_number=100&list_mode=0&shop_id=50
拡大写真