〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
YAMAHA LL-55D (Brazilian Rosewood) Custom / One Owner・All Original Condition・Flagship Model・Solid Ezo Spruce Top・Solid Jacaranda Side and Back・Abalone Trim & Rosette・Maple Binding【With Original Hard Case】 1992年製
conditon:
EXF
Price:
¥A.S.K.-
top:
最高級エゾ松単板
side:
最高級ハカランダ単板
back:
最高級ハカランダ単板
finger board:
エボニー指板
neck:
ホンジュラスマホガニー
case:
オリジナルカスタムケース、ケースストラップ、保証書、ケースキー付
希少な生産完了のフラッグシップモデル、YAMAHA LL-55D Customの入荷です!
本器は稀少なワンオーナー、オールオリジナル・コンディションを保った受注生産の最高峰モデル。LLシリーズは1985年11月から発売が開始され、音色、バランス、音量ともにLLシリーズを代表するフラッグシップ・モデルです。ヘッドには豪華な 『Luxury』(ラグジュアリー)から名付けられた “L”インレイ、オリジナル・ゴールドペグ(TM-67G)にアバロン装飾、メイプル・バインディング、漆黒のエボニー指板&ブリッジ、オリジナル・アバロン・装飾のブリッジピン、オリジナル・ブラックピックガード、ボディのトップ&バックには豪華なアバロン装飾と、装飾を際立たせるメイプル・バインディング、サウンドホール上部の指板周りのアバロン装飾、ロゼッタもダブル・リングのアバロンが施されています。トップには最高級エゾ松単板、サイド&バックには希少な最高級ハカランダ(Brazilian Rosewood) 単板、ネックはホンジュラス・マホガニーと厳選された最高級材を匠の技で精巧に製作された国産ハンドメイドギターの銘器です。またボディ内部もセラック塗装が施され、インナー革ラベルには達筆で読み取り難いですが、あの銘器 YAMAHA GC-30B 江崎モデルでも知られる江崎秀行氏のサインだと思います。
サウンドも大切に弾き込まれ箱鳴りするスケール感の有る伸びやかな低域と、輪郭の際立ったレスポンスの良い中音域に、煌びやかで艶やかな倍音豊かな高音域は最高峰モデルに相応しい鳴りです。まさに音色、バランス、音量ともにLLシリーズを代表するラグジュアリーなサウンドです。
状態は稀少なワンオーナー品で大切に扱われており、ペグの曇りも無く光輝いており年代を感じさせない綺麗さを保っております。トップも僅かに日焼けは感じますが素晴らしく綺麗でピックガードのスクラッチ傷とウエスト付近に小さな傷程度で、サイドも目立つダメージも見受けられず、バックはボディ右下辺りに薄く塗装のウェザーチェッキングが一箇所見受けられますが木目に沿ってでは無く特に問題はありません。ネック裏も綺麗でカポ跡なども見られず演奏性も問題ありません。フレットも8分目程度は残っており極端な凹みなども見当たりません。
ナット幅約42.5mm、弦長651mm、弦高も12F6弦で約2.6mm、1弦で約2mm、サドルの余裕も約3〜4mmありネックを含めプレイヤビリティも良好です。
オリジナルカスタムケース、ケースストラップ、ご購入当時の保証書、レンチ、ケースキーも付属しています。中古市場でもLLシリーズの蝦夷松/ハカランダ/アバロン・トリム・メイプル・バインディング仕様は玉数が少なく入手困難なフラッグ・シップモデルです。近年の価格高騰で少しお高いですが、日本のフォークシーンを語るにはやっぱりこのルックスでしょう! 何時かは入手したい一生物のアコギではないでしょうか。是非この機会にご検討を頂ければ幸いです。
拡大写真

詳細画像はこちら(外部サイトを開きます)