〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
MORRIS M-147 Prototype / Florentine Cutaway・Abalone Trim and Rosette・Rosewood Binding・Solid Spruce Top・Solid Rosewood Side and Back・Ebony Fingerboard・Mahogany Neck【With Original Hard Case】2000年代製
conditon:
EXF
Price:
¥198,000-(税込)
top:
スプルース単板
side:
ローズウッド単板
back:
ローズウッド単板
finger board:
ローズウッドorマダガスカル指板
neck:
マホガニー
case:
専用オリジナルハードケース付
稀少なフローレン・カッタウェイのプロト・モデル、MORRIS M-147 Prototypeの入荷です。
本器はカタログの掲載やネット検索でも詳しい情報が無く試作品だと思います。ボディ内部のインナーラベルには品番と森中 巧氏のサインが確認できます。ヘッドにはゴトー製エボニーボタンのオリジナル・ペグ、ローズ指板、ハカランダ・ブリッジ、本貝アバロン・トリム、ローズウッド・バインディング、アバロン・ダブル・ロゼッタ、ボディはドレッドノート・スタイルのフローレン・カッタウェイ、トップはスプルース単板、サイド&バックにはローズウッド単板、ノンピックガード、製作時からエンドピン無しの稀少なプロトタイプです。ボディ内部のブレーシングですが、AXLブレーシングが採用され、ボディの裏板にはトリプル・X・ブレーシング、表板側もトリプルですが、サウンドホール脇のXブレーシングはスキャロップで、中央のXブレーシングとエンド側のXブレーシングて配置されノンスキャロップで制作されております。
サウンドは伸びやかなスケール感の有る低域に、軽く爪弾いても音の立ち上がりが良く一音一音の粒立ちが明瞭で、モーリス特有の明るく軽快な煌びやかで艶やかな倍音が凄く心地良くなります。オープンチューニングでも適度なテンションも有り特にフィンガー系プレイヤーにお試し頂きたい逸品です。
状態はヘッドに薄く白濁が見られますが酷い感じでは有りません。その他トップやサイド&バックやネック裏も打痕や傷は殆ど見受けられず、フレットの減りも9分目程度は残っております。トップ材はブックマッチで制作してされておりますが制作段階で左右の木地の色合いに違いが見られますがサウンドや強度など問題ありません。
ナット幅約44mm、弦長約655mm、弦高も12F6弦で約2.7mm、1弦約2mm、トラスロッドの余裕も見られサドルの余裕も約3〜4mmありネックを含めプレイヤビリティも良好です。
専用オリジナル・ハードケースも付属しています。
稀少なドレッドノートのカッタウェイ仕様で装飾も豪華な逸品で、現在のルシアーメイドに匹敵するお買得なお勧め品です。
拡大写真

詳細画像はこちら(外部サイトを開きます)