〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
Martin  000-18 / Old Style Logo・Spruce Top・Mahogany Side and Back・Jacaranda Fingerboard and Bridge・Long Saddle・Tortoise pick guard【With Hard Case】1961年製
conditon:
EX
Price:
¥360,000-(税込¥396,000-)
top:
シトカ・スプルース
side:
マホガニー
back:
マホガニー
finger board:
ハカランダ指板
neck:
マホガニー
case:
ハードケース付
60年代初頭の希少モデルでヴィンテージ市場でも玉数の少ない人気モデル、Martin 00-18の入荷です! Martinの中でも000-18モデルは歴史が長く数多くのミュージシャンやアーティストが愛用する玄人好みのスモール・ボディ!ヴィンテージファンには堪らない60年初頭のモデルで、ペグはクルーソンタイプに交換済みでヘッドにはハカランダ・プレート、べっ甲柄ピックガード、シトカスプルース・トップ、サイド&バックにはマホガニー、T-バーロッド、ハカランダ指板&ブリッジにロングサドルの人気仕様です!
サウンドはコンパクト・ボディながら箱鳴りする低域の響きに、一音一音の粒立ちの輪郭の際立った中域に軽いタッチでも煌びやかで艶の有る倍音豊かな音色はまさに心地よいヴィンテージ・マーチンの鳴りで、何時でも側に置いて爪弾きたくなる逸品です。
状態はペグの交換とかなり前にネックはオーバーラッカーが施され既にラッカーチェッキングも見られネック裏のベタつきもなく綺麗でヴィンテージの雰囲気を損なわないルックスでサイドのエンド付近にジャック穴埋め修理が有りますが、その他はクラック等の修復歴は見受けられません。トップは細かな擦り傷や打コンは見られますが酷く目立つダメージは見受けられず左サイドは小傷程度で右サイドのショルダーあたりに擦り傷がありバックは軽い擦り傷ぐらいで年代を考えればダメージが少なくヴィンテージらしい雰囲気の良いルックスに仕上がっております。
弦高も12F6弦で約2.9mm、サドルの余裕も約3mmありヴィンテージ・マーチンとしては絶妙なテンションがあり弦高調整の余裕も見られネックを含めプレやビリティも良好です。ハードケースも付属しています。プレイヤーズ・コンディションですが価格的にもお手頃で鳴りの良いヴィンテージ・サウンドをお探しの方へ是非お試し頂きたい逸品です。
詳細画像:https://www.j-guitar.com/products/detail.php?id=344014
拡大写真