〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
Gibson Hummingbird CS / Original peg・Double Parallelogram Inlay・Spruce Top・Mahogany Side and Back・Jacaranda Fingerboard and Adjustable Bridge・Original Pick guard【With Original Case】1968年頃製
conditon:
EX+
Price:
¥330,000-(税込¥363,000-)
top:
スプルース
side:
マホガニー
back:
マホガニー
finger board:
ハカランダ指板
neck:
マホガニー
case:
オリジナルハードケース付
希少な1960年代後期(SN:501***)の人気モデル、Gibson Hummingbird CS の入荷です! 1960年に発売が開始されGibsonのスクエアーショルダーと呼ばれるボディスタイルに、ハチドリを描いたピックガードが特徴的で、ルックスもやはりHummingbirdと言えば鮮やかなチェリーサンバーストが似合う美しいモデルです!
本器は1968年〜1969年頃のモデルで、ヘッドにはオリジナル・ゴールド・キーストーン・ペグにクラウン・インレイ、指板にはソリッドのダブル・パラレログラム・アバロン・インレイ、ハカランダ指板&アジャスタブル・ダウンベリー・ブリッジ、ハカランダ・サドル、ネジ止めオリジナル・ピックガード、トップはスプルース、サイド&バックにはマホガニー、マホガニー・ナローネック、チャリーサンバースト仕上げの人気モデルです。
サウンドはスクエアーショルダーボディの奥行きの有る野太い低域に、箱鳴りする輪郭の有る歯切れの良い『カラッ』としたパーカシブな鳴りと煌びやかで透明感の有るまさにハニートーンと称される鳴りです。ハミングバードは使用アーティストも多く音楽ジャンルもロックから歌の伴奏など多岐にわたり演奏され完成度の高いモデルです。特に歌もの伴奏にはルックスも含め華やかなお薦めです!
状態はシリアル下に2の刻印が有ることからセカンド・ラインかと思います。全体を見る限りナチュラル塗装にファクトリーでチェリーに変更されたセカンドラインかと思いますが言われてみればの感じぐらいで断言はできません。
トップに塗装のウェザーチェッキングが年代相応に有り6弦ブリッジ横の塗装のチャッキングは軽くタッチアップされ、ブリッジ6弦下にも見られますが内部から確認しましが表面的なヘアーラインです。またサウンドホールと指板の間にも塗装のヘアーラインが有りますが表面的なチャッキングで、バックにも塗装のチャッキングがあり綺麗に修復されており、内部までの木部のクラックではありません。ネック裏は3F下に打コンがある程度で他は綺麗で演奏性も問題ありません。サイドは軽い打コンが少し有る程度でヴィンテージらしい塗装のチャッキングのみです。ネックヒールのストラップピン打ちやピックアップの取付や履歴は有りません。
弦高は12F6弦約2.7mm、可変式のアジャスタブル・サドルで両端のマイナス・ネジで上下の弦高調整が簡単に変更可能です。またトラスロッドの余裕も見られネックを含めプレイヤビリティも良好です。
オリジナルハードケースも付属しています。価格もカスタム・ショップ製の中古並みのお買得品です!!
下取、買取、委託販売も大歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さいませ!
詳細画像:https://www.j-guitar.com/products/list.php?pageno=1&orderby=1&disp_number=100&list_mode=0&shop_id=50
拡大写真