〒550-0013 大阪市西区新町1-22-17 
TEL 06-6539-7700 FAX 06-6539-9090 
E-Mail guitar-arts@tree.odn.ne.jp
MENU
Gibson J-200 / Antique Natural・Keystone Peg・Crown Inlay・Solid Spruce Top・Solid Flame Maple Side and Back・Moustache Bridge・Adjustable Bridge・Nut 42.5mm【With Original Hard Case】1969年製
conditon:
EX+
Price:
¥SOLD-
top:
シトカ・スプルース単板
side:
フレイム・メイプル単板
back:
フレイム・メイプル単板
finger board:
ハカランダ指板
neck:
メイプル3ピース
case:
オリジナルハードケース付
”King of The Flat Top”とも称されるフラグシップ・モデル、Gibson J-200ANの入荷です!
本器をご覧になって『あれれ〜』、『おや〜』と思われた方も多いと思います。新たなモデルの発見とかでは有りません(笑い)。17インチボディのスーパージャンボのGibson最高峰モデル。ボブディランやジョージハリスン、国内では長渕剛氏や忌野清志郎氏など世界中のトップアーティストに愛用され現在でも人気の衰えない銘器です。ヘッドにはゴールド・キーストーンペグ(オリジナル)クラウン・インレイ、ハカランダ指板、エボニー・ムスタッシュ・ブリッジ、虎杢メイプル3ピースネック、トップは杢目の詰まったシトカ・スプルース単板、サイドはワイルドな虎杢メイプル単板、バックには玉杢のような上品な杢目のメイプル単板が採用され、過渡期のアジャスタブル・ムスタッシュ・ブリッジ、ピックガードは60年代のGibson製で厚めの質感の良いべっ甲柄ハミングバード・ピックガードに交換された珍品です。よく見るとエバリーモデルの様でも有りこの仕様も有りかなと思うほどです。また本器はヘッド裏にMade in USAの刻印の有る69年〜70年語の過渡期仕様でナット幅が約42.5mmとレギュラーネック仕様の希少モデルです。
サウンドは年代相応に弾き込まれスケール感の有る野太い低域に、アジャスタブル・サドルの輪郭のきわだった歯切れの良い中音域に甘く透明感の有る高音域が魅力で、ジャンボならではの箱なり感や奥行きの有るリバーブ感も魅力です。
状態はペグの金属劣化は見られますがオリジナルをキープしており、ピックガードの交換で僅かにガード下に交換跡が僅かに見られますが、日焼けも有り近距離で見ないと分からないレベルです。ネックヒールのストラップピン増設とヒール裏のピン穴変更の跡が見られます。その他、塗装のウェザーチェッキングが薄く全体的に見受けられ存在感を増した渋いルックスに仕上がっております。ボディ右下のエッジに擦り傷が有りますが、その他は軽い擦り傷や軽微な打コン程度で年代から考えても美品コンディションを保っております。
弦高も12F6弦で約2.7mmでアジャスタブル・サドルの可変式で簡単に弦高調整が可能です。その他ブリッジ下の膨らみやネックの元起も見受けられずネックを含めプレイヤビリティは良好です。
かなり気合の入った百戦錬磨のオリジナルハードケースも付属しています。ヴィンテージ市場でも数少ない60年代後期の過渡期に製作された希少モデルでギター好きに『あれれ』と思わせる逸品です! 価格も復刻モデル並みのお買得品です!
詳細画像:https://www.j-guitar.com/products/list.php?pageno=1&orderby=1&disp_number=100&list_mode=0&shop_id=50
拡大写真