YAMAHA L-31A / Tortoise Pick guard and Rod Cover・Solid Ezo Spruce Top・Solid Jacaranda Side and Back・Matte Finish Side and Back・Ebony Fingerboard【With Yamaha Hard Case】1979年製
EXF
Pricehold-
top高級エゾ松単板side高級ハカランダ単板
back高級ハカランダ単板finger boardエボニー指板
neckホンジュラス・マホガニーcaseヤマハLLDハードケース付
comment希少な'70年代初期モデル、YAMAHA L-31Aの入荷です!
一見、'80年代の後期モデルと良く似たルックスですが、本器はサウンドホールの位置や、それによるXブレイシングの位置も異なり、張りの有る、更に低音域を強調したサウンドに仕上がっております。
サウンドは適度に弾き込まれ胴鳴りも素晴らしく低域から中域の音抜けも抜群で輪郭の際立った打撃系の激鳴りサウンドです。長渕 剛氏も輸出仕様の初期モデルを所有されておりご存知の方も多いと思います。現在では貴重なオリジナル・本べっ甲ガード&ロッドカバー等、更に希少性を高めた打撃系の銘器です。ヘッドの化粧板も魅力的なハカランダ材が使用され、80年代はトップがスプルースですが、70年代は蝦夷松が使用され、トップのティンテッドカラーにも僅かな色合いの違いが有りブリッジデザインも後期モデルと微妙な違いが有ります。サイド&バックはサテンフィニィシュ(艶消し)で、ピックガードは希少な本べっ甲、サイド&バックには柾目の美しいハカランダ材が使用されています。画像では艶消しで照明の反射でうまく撮れなくて申し訳有りません。
状態は製作から約40年を経過したギターですが、ペグの金属劣化も少なく機能面も問題ありません。トップに僅かに小キズや軽微な打痕ていどで素晴らしいコンディションを保った極上品です弦高は12F6弦で約2.7mm、サドルの余裕も約3mmでネックを含めプレイヤビリティも良好です。
ヤマハLLDハードケース付です。'70年代初期モデルは中古市場でも玉数が少なく即販売済みの人気商品です。近年益々入手が困難なレアモデルです。
本器はコンディション&サウンドも素晴らしいお薦め品です。是非この機会に入手して下さい!
top
back
hed
zoom
>>このページのトップへ<<